お問い合わせ・ご相談

守谷市児童クラブomeno ~こどもがこども”らしく”居られる場所~

Area / 守谷市

Category / リノベーション

茨城県守谷市に児童クラブを新設するため、空き家のリノベーションを設計・施工させて頂いた事例。

TXの開通以降、人口の増加が著しい守谷市では子供たちの人数も激増し、放課後の児童クラブが不足する事態となりました。その対策として守谷市が公募した「民説民営児童クラブ補助対象事業」に応募し、見事当選した経営者“島さん”の希望を実現するべく、設計から施工まで一貫して行わせて頂きました。

エリアを「ツリー」・「ファクトリー」・「ライブラリー」の3か所に分けました。

 

 

 

◆ツリーエリア

身体を使って思い切り遊べるエリア。
自分の思った通りに身体を動かすことができるという、子供の時期に身につけるべき大変重要なプロセス。子供たちはその感覚を遊びの中で身につけます。

 

 

 

 

 

 

ボルダリングをしたり、階段型の収納を上ってロフトのネットへダイブ!

雨の日でも元気いっぱいに遊ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

 

◆ファクトリーエリア

手を動かして、描いて、議論して、想像力を育むエリア。

リーダーシップを育む学習は学校ではなかなか身につきません。

 

 

 

 

 

難しいかな…?と思いつつやらせてみると、こどもたちはいとも簡単に自分たちのルールや目的などを自主的に考え、議論して行動し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ライブラリーエリア

本を読んだり宿題をしたり、習いごとをしたりする“静”のエリア。
他のエリアとは違い、天井が低かったり、狭くて落ち着く空間の中で本に囲まれ、こどもたちは好きな本に出合います。

 

 

 

 

 

 

「本を読むことは人生の中で、必要な時に大切な言葉を与えてくれる」というのは私の言葉です笑

たくさんの本の寄付も頂き、こどもたちは人生に大切なことばを身につけていきます。

 

 

 

 

 

オープン前にワークショップを行いました。

こどもたちに、「自分たちの居場所は自分たちでつくる」という感覚を感じてほしくて、仕上げの塗装をしてもらいました。

こども達は私たちの考えるよりもはるかに工夫し協力して、手早く作業を終えてくれました。

多少の塗りムラはご愛敬笑

玄関の手すりに子供たちの“作品”を設置させて頂きました♪

 

 

Data————————-

児童クラブ

W造空き家リノベーション

ホーム / 設計事例 / 守谷市児童クラブomeno ~こどもがこども”らしく”居られる場所~

お問い合わせ・ご相談は、
お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください

お問い合わせフォームよりご連絡後、2営業日以内にご返信いたします。
その後メール・WEBミーティング・対面でのお話ができます。